TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】  韓国で優先審査の対象となる技術分野が拡大

【特許・意匠ニュース】
 韓国で優先審査の対象となる技術分野が拡大

2018/06/18 特許/実案 韓国

韓国特許庁より、第4次産業革命関連の7大技術分野の特許出願を優先審査の対象に追加する改正特許法が2018年4月24日から施行されることが発表された。

今回優先審査の対象に追加される第4次産業革命関連の7大技術分野とは、人工知能、IoT(Internet of Things)、3D印刷、自動運転車、ビッグデータ、知能型ロボット、及びクラウドコンピューティングである。

優先審査の対象になると、特許登録までにかかる平均期間が一般審査の3分の1の速さとなる6ヶ月程度に短縮され、該当技術分野の企業、大学、研究所などによる迅速な特許権の取得が可能となる。

(記事担当:特許第1部 田中)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ