IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2008.02.12

野崎篤志

薬剤溶出ステントをめぐる訴訟で4億ドル超の賠償評決

2007-02-12

原告: Bruce N. Saffran, M.D., Ph.D
被告: Boston Scientific Corporation

狭心症、急性心筋梗塞など心臓病のカテーテル治療で用いる薬剤溶出ステントに関する特許(USP 5,653,760)の侵害を理由に、医師であるBruce N. Saffran氏がBoston Scientific Corporation(以下BSC)を訴えていた事件で、テキサス東部地区連邦地裁陪審は、BSCの製品”TAXUS Txpress”と”TAXUS Liberte”が有効な特許を侵害すると認定し、4億3,186万7,351ドルの賠償額を算定した。

Saffran氏は2005年12月16日、特許侵害に基づく損害賠償を求めてBSCを提訴していた。

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン