IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2010.03.26

毎熊百合子

経カテーテル生体弁をめぐる独の特許訴訟で非侵害判決

Edwards Lifesciences Corp.
Medtronic, Inc.
Medtronic, Inc.(以下、Medtronic)は、同社の経カテーテル大動脈弁システム「CoreValve」をめぐりEdwards Lifesciences Corp.(以下、Edwards)から訴えられている事件で、ドイツの控訴裁判所が同システムによる非侵害を認定する判断を下したと発表した。Edwardsは2007年5月、同社の所有するAndersen特許(EP 0592410 B1)が侵害されたと主張し、Medtronicを独デュッセルドルフ地方裁判所に提訴していた。

Andersen特許をめぐる英国での同様の訴訟では、2009年1月に一審が「CoreValve」の非侵害を認定する判決を下している。Edwardsはこれを不服として控訴を提出しており、控訴審が2010年5月14日に開始される予定。関連の米国特許についても、デラウェア連邦地裁で同年3月23日に審理が予定されている。

Medtronicは一貫して、「CoreValve」装置がAndersen特許に開示されている技術を使用しておらず、したがって同製品の販売に関しEdwardsからライセンスを受ける必要はないと主張している。同社担当者は、「英国と米国でも(独の判決と)同様の結果となることを期待している」とコメントしている。

[Litigation Quick No.07(2010.02.18)掲載]

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン