IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2012.11.19

石川

【セミナー開催報告】SUGHRUE・NGB共同主催 米国特許法改正フォローアップセミナー

 NGB・特許部では、2012年10月31日 (水):大阪会場、2012年11月1日 (木), 2012年11月2日 (金):東京会場にて、SUGHRUE MION, PLL事務所から Mr. Steven M. Gruskin、Mr. John M. Bird (いずれも米国特許弁護士)をお招きし、標記のセミナーを開催致しました。
 2011年9月16日に制定された米国特許法改正(AIA)につきましては、昨年もSUGHRUE MION, PLL事務所と共同でセミナーを開催しておりますが、この度は、さらにご理解を深めていただくための”フォローアップ”セミナーです。

 具体的には、2012年9月16日に施行された 1) 出願時のサイン書類、2) 登録後レビュー、3) 情報提供、4) 補充審査についての最終規則 などにつき、説明。また、2013年3月16日に施行される先願主義に関する新施行規則と審査ガイドラインのドラフトから考察した、本改正の米国出願実務への影響についても、解説させていただきました。

 質疑応答に際しましては、ご参加いただきました皆様から活発なご質問をいただきました。誠にありがとうございました。
 本セミナーが、皆様の米国知財戦略構築の際のご参考になれば幸いです。

 NGB・特許部では、各国の法改正や重要判例による情勢の変化などに即応すべく、今後も様々なセミナーを開催する予定でございます。
 セミナーについてのご質問・ご要望等がございましたら、ぜひお問合せフォームよりご連絡下さい。

(記事担当:特許部 石川)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン