IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2013.05.31

柏原 雄人

【中近東諸国 知財環境概説】 オマーン

NGBでは、Clyde&Co 事務所のご好意により、中近東諸国の知財法体制概要をご案内申上げます。
1 国家構成
1650 年にポルトガルから独立し建国したオマーン・スルタン国(“ オマーン” )は、湾岸諸国で最も古い独立国家である。オマーンの司法は民法により、法案は、まず国王省が“ 勅令” の形で発布し、官報により告示される。次に、省庁および行政機関が、省令により法を制定し、法規を実施する。商工業省が、オマーンにおける知的所有権に関する事柄を管轄する。

2 協定
オマーンは、下記の世界知的所有権機関(WIPO)条約に加盟している:

・・・以下、詳細は添付ファイルをご参照下さい。

(参考)
・知的財産法体制の概要=オマーン=
/assets/oldposts/pdf519b3f1edd8b7.pdf

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン