IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2013.09.20

柏原 雄人

【マレーシア訪問記2013】 前編: いざ、クアラルンプールへ!

NGB商標部では、現地代理人及び知的財産局の視察、情報収集を目的とし、マレーシアのクアラルンプールに訪問して参りました。訪れたのは、7月の末。さぞかし暑いのかと思いきや、昨今の日本の暑さ程ではなく、過ごし易い気候でした。簡単ではありますが、街の空気と、商標事情をお届けできればと思います。

マレーシアって?

マレーシアと聞いて、その昔の「クアラルンプール事件」を思い起こすのはおじさん世代。若い世代は「ジョホールバルの歓喜」の方がピンとくるようです。筆者にとって、クアラルンプールという響きは、泥川の合流地点という意味も手伝い、立ち入ってはいけない場所のイメージがありました。しかしながら、それも、今は昔。マレーシアは、ASEANの一角を占めるまでに成長し、それに伴い、日本を含め、多くの外国企業が進出。クアラルンプールは、東南アジア有数の近代都市となっています。

成田からの直行便で、クアラルンプール国際空港まで、約7時間。到着して目を引くのは、その非常にクリ-ンかつモダンな空港のデザイン。万博のパビリオンの中にいるようで、初めて降り立った地への不安を一気に解消してくれました。入国カードが廃止されたこともあり、入国審査も、あれっ?と思うほど、簡単に通過。晴れて、マレーシアの地を踏みました。

クアラルンプール国際空港は、頭文字をとって、通称 KLIA(クリア)と呼ばれています。タクシーでも、「クリア!」と叫べば、英語が分からない運転手さんにも通じます。その国際空港から、クアラルンプールの中心地までは、安心な前金制のタクシーで1時間弱。料金はおよそ¥2,300。牧歌的風景が50分近く続いた後、突如として高層ビル群が現れます。クアラルンプールの「近代都市」と言われる部分が、いかに中心部の、更にその一部であるかを 物語っているようでした。

車社会と交通事情

不案内なこともあり、街中の移動には、タクシーが中心に。運転手さんにプリントアウトした住所を見せれば、簡単に通じます。いずれの運転手さんも、きちんと目当てのビルの真前に届けてくれました。しかしながら、クアラルンプールでも、交通渋滞が深刻な問題です。従前に現地代理人から得た情報では、タクシー移動の場合、時間に相当な余裕を持つようにとのこと。事実、ギリギリの車間距離で車がひしめき合う交差点にはまって、20分程身動きがとれず、アポイントに遅れそうなこともありました。現地の人の話によれば、マレーシアでは車を持つことがステータスであるようです。狭い街に車が溢れれば、渋滞は自明。最近では、そのような交通渋滞を避け、また、中心部の高い家賃を嫌い、郊外に移転する会社や事務所も増えているそうです。

(商標部 関口)

=>後編に続く

[モダンな国際空港]
[突如現れるビル群]

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン