IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2016.01.20

杉田 秀

【特許・意匠ニュース】アンドラ公国 特許出願が可能になります!

フランスとスペインに挟まれた国家であるアンドラ公国。2016年1月23日、同国の特許法が施行され、特許出願が可能になります。出願言語は公用語であるカタルーニャ語ですが、そのほか、スペイン語、英語、フランス語でも出願が受け付けられます(ただし、クレームのカタルーニャ語翻訳が必要)。

新規性・進歩性・産業上の利用可能性といった他の国と同様の特許要件を満たす必要がありますが、審査段階では、明らかに新規性を欠く場合を除いて形式的な審査のみで特許が認められるようです。しかしながら、権利行使を行うためには、その特許が有効である証拠(他の国の特許、専門家の見解書など)を示す必要があります。

近々、PCT出願の指定国あるいはEP出願の有効化(※)の対象となるべく、協議が進行しているという動きもあるようです。

※EP出願(欧州特許条約EPCによる出願)の有効化:EP出願の特許が認められた際、指定の国に対する権利を有効にする手続き。現在、EP加盟国・拡張国に加えて、モロッコやモルドバなどの国でも権利化が可能となっている。

(記事担当:特許第1部 杉田)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン