TOPページサービスのご紹介サービス事例リサーチ&コンサルティング サービス事例

リサーチ&コンサルティング サービス事例

次期研究開発テーマ選定にあたり膨大な件数の特許分析に苦慮していたA社の場合

特許情報から次期研究開発テーマ候補を洗い出そうとしていたA社では、知的財産部と研究開発部が協力して膨大な件数の特許分析を行おうと考えていたが、分析の切り口の設定やパテントマップのまとめ方で良いアイデアが浮かんでこなかった。NGB特許分析サービスでは、ヒアリングを通じてクライアント企業のニーズに応じた最適な分析方法を提案書として提示する。A社のケースでは膨大な件数の特許公報を1件1件読み込む前に、特許分類や各種指標を利用したマクロ分析が最適と判断したため、調査費用の軽減を図れただけでなく迅速に次期研究開発テーマ候補を選定することができた。

BRICSやVISTAといった国々の特許調査に頭を悩ませていたB社の場合

BRICSやVISTAといった国々で競合企業が製品を展開していることに対して危機感を持ったB社は、これらの国々における競合他社の特許出願状況を調査しようとしたが、特許検索データベースに収録されていない国や言語の問題があり頭を悩ませていた。
NGB海外特許調査サービスでは、様々な特許検索データベースに関する経験・ノウハウやこれまで培ってきた各国調査機関とのネットワークを持ち、様々な国の特許調査に対応することができるため、的確な調査結果を報告することができた。

審査経過モニタリング調査に手が回らなくなっていたC社の場合

C社では競合企業の外国特許出願の審査経過を自社でモニタリングしていたが、担当者は他業務も兼務していたため多忙を極め、自社内での調査を定期的に実施するのが困難な状態になっていた。そこでNGBに審査経過のモニタリング調査を依頼したところ、指定したタイミングで定期的に確実な情報を入手できるようになり、また、従来調査ができなかった国についても情報を得ることができるようになった。

※各サービスに関する詳細はお問合せフォームよりお問合せください。