TOPページサービスのご紹介サービス一覧から探すLABORATORY NOTEBOOK

LABORATORY NOTEBOOK

知的財産管理にLABORATORY NOTEBOOKを

21世紀に突入した日本ではこれまで以上に知的財産の重要性が問われています。長引く不況を打開する一つの手段として、企業にかかわらず政府レベルで知的財産の有効な活用方法が模索されています。知的財産の有効活用、すなわち管理・運用は将来への生き残りの第一歩といっても過言ではないでしょう。新しい時代に入り、この知的財産の管理・運用に対する考え方も、従来とは変わってきています。例えば、開発した技術を単に特許として出願するだけではなく、正確に評価し公開することによって、企業価値を高めたり、ライセンス供与への方向性を見出したりする試みや、発明報奨制度を充実させることで従業員の創作意欲を高めようとする試みがなされています。

しかし、法的に十分整備されていない知的財産の管理や、総合的戦略を欠いた知的財産の運用は、大きなリスクを伴うことになります。自社の技術を盗み出されても財産管理がきちんとなされていなければ、裁判で勝訴することは難しいでしょう。また、せっかく良い発明が生み出されても、総合的な評価体制が確立されていなければ、利用されないまま埋もれてしまう可能性もあります。

NGBで企画・作成するLABORATORY NOTEBOOKは、単なる研究活動を記録するノートとしての役割だけではなく、自社で開発された技術の管理・評価・運用、発明者の特定、紛争やインターフェアレンスに巻き込まれた際の重要な証拠物として等、多岐にわたった目的において使用可能なレイアウトとなっております。知的財産管理の様々な側面に有効な1つのツールとして、既に多くのお客様に親しまれご使用いただいております。

本サイトではLABORATORY NOTEBOOKの意義、現状などを簡単に説明させていただきます。

注文書・依頼書
注文書・依頼書