TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】 アメリカ

【特許・意匠ニュース】 アメリカ

2012/05/17 特許/実案 米国

アメリカ
USPTO IDSに関するPilot Program-'Quick Path IDS'導入 
(期間:2012年5月16日~9月30日)

登録料支払い後且つ特許発行前のIDS提出は、従来であればRCEが必要とされたが、このPilot Programでは、特許証発行の取下げ申請、RCEとともにIDSの提出を行うものの、後日審査官が審査再開を必要と判断した場合のみ、RCEがenterされる。審査再開が不要と見なされた場合はRCE費用は返還され、特許証の発行が進められる。尚、このPilot Programはデザイン特許(意匠)及び植物特許は対象外。係属中の出願数を減らし、出願人サイドのコスト軽減にもつながる効果が期待される。

(記事担当:特許部 渡邊)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ