NGB 中国専利法第4次改正 集中講座

今年6月1日、中国専利法第4次改正が施行されています。
この重要な情報をお客様にいち早くお届けすべく、5回シリーズの無料ウェビナーを企画いたしました。



各回開催時刻(15:30)前に「ここから参加」をクリックしてご参加下さい。
Microsoft Teams(以下、Teams)のライブイベントにてご視聴いただけます。
(各回の終了後は、YouTubeに掲載した録画版を「録画版はこちら」からご視聴可能です)



 第1回:総論編
 『専利法第4次改正の概要および今後の展望』 録画版はこちら
  [日時] 2021年6月1日火曜日 15:30-16:00
  [講師] 張華威[中国弁護士/中国弁理士資格/日本国付記弁理士・NGB顧問]
  施行日当日!張弁護士が改正の概要と経過措置、今後の展望等について解説いたします。



 第2回:
 『実務に直結!専利法第4次改正が権利行使に与える影響』録画版はこちら
  [日時] 2021年6月8日火曜日 15:30-16:00
  [講師] 張 華威[中国弁護士/中国弁理士資格/日本国付記弁理士・NGB顧問]
      長谷川 雅則[IP総研 マネージャー]
  懲罰的損害賠償、法定賠償額の引き上げ、文書提出命令、行政執行力の強化・・・
  本改正で大きく変わる権利行使の実態と対応について、解説いたします。



 第3回:
 『意匠』
  [日時] 2021年6月15日火曜日 15:30-16:00 録画版はこちら
  [講師] 新崎 智章[特許第1部]
  中国でいよいよ部分意匠が認められるようになります。
  実務面では不透明なところがありますが、現段階で検討すべきポイントなどを解説いたします。



 第4回:
 『医薬特許』
  [日時] 2021年8月6日金曜日 15:30-16:00 録画版はこちら
  [講師] 牛島 倫太郎[特許第2部]
  中国専利法改正やパテントリンケージ制度の運用開始に伴い、医薬品関係の特許に様々な影響があると予想されます。そこで、中国における医薬特許に関連する制度のまとめや今後の展望を、中国弁護士の張氏とともに分かりやすくご紹介します。



 第5回:
 『開放許諾制度』[日程調整中]
  こちらも注目度の高い中国版ライセンスオブライト。
  他国でのライセンスオブライト制度に詳しい弊社スタッフが、最新情報をご説明いたします。



■ご注意
Teamsアカウントをお持ちでない方は、「ここから参加」をクリック後、「代わりにWebで視聴する」>「匿名で参加」でご参加いただけます。
スマートフォン等のモバイル端末をご利用の場合には、PC版サイトで開きますと、「代わりにWebで視聴する」を選択可能となります。



ご質問は、Teams画面右側のQ&Aチャットをご利用ください。時間の都合上、すべてのご質問にお答えできない可能性がございます。予めご了承ください。



■推奨環境
OS: Windows 7 以降 (32 ビット版と 64 ビット版)、macOS X 10.10 以降、Android 4.4 以降、iOS 10 以降
Web ブラウザ:Chrome (直近の 3 バージョン)、Microsoft Edge RS2 以降、Firefox (直近の 3 バージョン)、Internet Explorer 11、Safari