IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2021.02.24

小林達也

【特許・意匠ニュース】 欧州特許庁、口頭審理の証拠調べにビデオ会議形式を適用可能とする規則改正を発表

欧州特許庁(EPO)は、EPC規則第117条および第118条の改正を発表しました。改正規則の施行日は2021年1月1日です。

EPOでは、審査・異議・審判手続の口頭審理を原則としてビデオ会議形式(VICO: videoconference)で実施していますが、この度の規則改正によって、審査部及び異議部が管轄する口頭審理における証拠調べにVICOを適用できることが明確化されました。EPOの発表によれば、口頭審理をVICOで実施する場合、証拠調べもVICOで実施されるようになります。一方で、口頭審理を対面形式で実施する場合であっても、条件を満たすことにより、証拠調べをVICOで実施することができます。

この度、改正された規則第117条には「証拠調べに関する決定」が規定され、規則第118条には「欧州特許庁において証言をさせるための召喚」が規定されています。

改正規則第117条では、EPOが証拠調べに関する決定にて設定すべき項目として、「聴聞又は検証がVICOにより実施されるか否かを特定すること」が追加されました。また、改正規則第118条(2)では、証言をさせるための召喚状に含めるべき項目として、「欧州特許庁構内に召喚された当事者、証人又は専門家がVICOによる審理を要請できる旨の表示」(第118条(2)(c))が新たに追加されました。

改正規則によれば、EPOは、証拠調べをVICOにより実施するか否かを決定することができます。一方で、当事者、証人又は専門家は、対面形式の口頭審理に召喚された場合であっても、VICOによる手続を要請することが可能です。なお、VICO手続の要請が許可されるか否かは、EPOの裁量となります。

改正規則第117条及び第118条(2)の原文は次のとおりです。なお、改正部分は、弊社にて下線を付しました。

Rule 117
Where the European Patent Office considers it necessary to hear a party, witness or expert, or to carry out an inspection, it shall take a decision to this end, setting out the investigation which it intends to carry out, relevant facts to be proved, the date, time and place of the investigation and whether it will be conducted by videoconference. If the hearing of a witness or expert is requested by a party, the decision shall specify the period within which the requester must make known the name and address of any witness or expert concerned.

Rule 118(2)
At least two months’ notice of a summons issued to a party, witness or expert to testify shall be given, unless they agree to a shorter period. The summons shall contain:
(a) an extract from the decision under Rule 117, indicating the date, time and place of the investigation ordered, specifying whether it will be conducted by videoconference and stating the facts in respect of which parties, witnesses or experts are to be heard;
(b) the names of the parties and particulars of the rights which the witnesses or experts may invoke under Rule 122, paragraphs 2 to 4;
(c) an indication that a party, witness or expert who has been summoned to appear before the European Patent Office on its premises may, at his request, be heard by videoconference;
(d) an indication that the party, witness or expert may request to be heard by a competent court of his country of residence under Rule 120, and an invitation to inform the European Patent Office, within a period to be specified, whether he is prepared to appear before it.

EPO公式発表:
https://www.epo.org/law-practice/legal-texts/official-journal/2020/12/a135.html
EPO規則改定の決定(OJ EPO 2020、A132):
https://www.epo.org/law-practice/legal-texts/official-journal/2020/12/a132.html

以上

 

記事担当:特許第1部 前澤 徹

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン