IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2007.01.11

野崎篤志

アンハイザー、ポルトガルでの”Budweiser”商標使用禁止

2007-1-11
原告: Anheuser-Busch Companies Inc.
被告: Budejovicky Budvar NP
Anheuser-Busch Companies Inc.(以下「アンハイザー」)がポルトガルで”Budweiser”商標の登録を認められず、財産権の侵害であるとして欧州人権裁判所に訴えていた事件で、欧州人権裁判所大法廷は15対2の多数決でアンハイザーの訴えを棄却した。

アンハイザーは1981年、ポルトガル特許商標庁に”Budweiser”商標の登録を申請したが、同商標はすでにチェコの酒造会社Budejovicky Budvar NP(以下「ブドバ」)により原産地表示として登録されていた。アンハイザーの申立てにより、一度はブドバの商標が取り消されたが、ブドバは、登録された原産地表示はポルトガルとチェコ間で締結された二国間協定により保護されると訴え、認められた。これによりアンハイザーによる申請は最終的に棄却された。

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン