IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2021.01.29

柏原 雄人

【商標NEWS】 EUIPO 通信手段を電子的コミュニケーションに一本化

EUIPO(欧州連合知的財産庁)とEU代理人間の通信手段は、今なおFAXが広く使われています・・・そう聞いて、意外に思われた方も多いのではないでしょうか。昨今、FAX通信でのトラブルや、書類提出のスムースさに欠ける点等指摘されていたこともあり、EUIPOは、いよいよ通信手段を電子的コミュニケーションに一本化することを決定致しました。(Decision No. EX-20-9)

2021年3月1日からは、USER AREA と呼ばれる電子コミュニケーションプラットフォームを介してのみ、新規出願やアクション応答が行われることになります。USER AREA を利用するためには、アカウントの登録を経て、代理人毎にUSER AREA を開設する必要があります。

尚、最近、USER AREA開設の案内通知が、EUIPOから、EU代理人のみならず、出願人にも直接送付された事実が確認されています。しかしながら、出願人が自ら、USER AREA を開設する必要はありませんので、ご注意ください。EU域外の出願人は、指定したEU代理人を介してのみ、EUIPOと応答することになります。代理人を介しての出願である限り、USER AREAの開設は不要です。

(商標部 関口)
(情報提供 独Hoffmann 事務所)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン