IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2008.03.01

野崎篤志

【StarPAT】 マルチDB検索機能のご紹介

DocuPatの後継機・次世代特許検索サービス「StarPAT Ver.1.0」 が、2008年3月1日に商品リリースされました。
DocuPatから継承した豊富な機能に加え、新たな機能の一つとして、今回は各検索機能(※)の掛け合わせを実現可能とするマルチDB検索機能についてご案内させて頂きます。

StarPAT検索画面上の各検索タブを切り替えて、条件式を作成し論理式を組み上げたり、
各検索機能での結果を掛け合わせることで、膨大な調査対象を効率的に絞り込むことが可能となりました。たとえば、あるキーワードで検索した結果に対し経過情報のステータスで絞込みを掛けたり、社内で評価メモを付けられた案件に対し、キーワード検索を行い絞込みを掛けることで、より重要度の高い案件発見への手助けをさせて頂きます。

※基本検索(キーワード検索)、概念検索、一括番号検索、経過情報検索、評価・メモ検索

その他、検索速度の高速化など進化した「StarPAT」をご覧頂きたいと思います。

デモンストレーション、トライアルID、価格情報など、「StarPAT」 に関しましては、どうぞお気軽にお問合せフォームよりお問合せ下さい。

(IP総研・データサービスGr)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン