IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2008.04.17

柏原雄人

【意匠・商標 NEWS】 商標: マダガスカル、バングラデシュ、ガンビア、インド

マダガスカル
2008年4月28日 マドプロ加盟国としての効力発生

特許庁サイトでご存知の方が多いと思いますが、4月28日よりマドプロ加盟国としてマダガスカルを指定国とすることが可能となります。マダガスカルは非常に模倣品が多い国ですので、今後マドプロルートの出願が増加すると予想されますが、マダガスカルは先願主義であり、相対的拒絶理由の審査があります。従いまして、なるべく早く出願すべきことはもとより、出願前の調査が重要となります。拒絶に対する不服申立は裁判所の管轄であり、費用も時間もかかりますので、まずは事前調査をお勧め致します。

* NGB 意匠商標部調査グループでは、マダガスカルの商標調査を行なっておりますのでご利用下さい。

バングラデシュ
サービスマーク出願受理開始

2008年改正商標法により、サービスマーク登録制度が導入されます。改正商標法の施行日はまだ公示されていませんが、特許庁はすでにサービスマーク出願の受理を開始しております。これに伴い、ニース国際分類第9版が採用されておりますが、その他の改正点はまだわかっておりません。

ガンビア
2008年4月2日 国際分類採用

ガンビアでは、これまで旧英国分類が採用されていましたが、本年4月2日より国際分類が採用されております。

インド
特許庁による図形商標調査が可能となる

これまで、インド特許庁では文字商標のみ調査可能でしたが、図形商標調査も可能となりました。然しながら、特許庁による図形商標調査の精度につきましては、かなり疑問が残るところですので、今後の検証が必要でしょう。

(意匠商標部 研壁)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン