IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2014.07.14

柏原 雄人

【商標NEWS】 インドネシア

インドネシア
オフィシャルフィーの値上げ

非課税国庫歳入に関する政府規則第45 OF 2014号 により、本年7月3日から商標出願を含め諸手続に関するオフィシャルフィーの値上げが実施されております。

商標出願については、オフィシャルフィーの値上げと共に課金方法も変更され、1区分につき指定商品・役務10個までのオフィシャルフィーが、IDR1,000,000(約9,000)となります。追加分は、10個単位でIDR1,000,000(約9,000)が加算されます。ご参考までに、下記に具体例を示します。

≪具体例≫
1類の指定商品25個と2類の指定商品5個をカバーするマルチクラス出願を行なう場合、出願時のオフィシャルフィーは、1類でIDR3,000,000(約9,000×3=約27,000)、2類でIDR1,000,000(約9,000)となり、合計IDR4,000,000(約9,000×4=約36,000)となります。従って、マルチクラスの場合は、指定商品・役務の全個数(上記の場合30個)ではなく、区分毎に10個単位で計算されます。

(商標部 研壁)

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン