IP NEWS知財ニュース

  • 知財情報
  • アーカイブ

2018.04.20

柏原 雄人

【ミャンマー訪問記2018】 [4] マーケットを歩く

出願制度開始が近づいてきたということで訪問したミャンマーをこれまで3回にわたってご紹介しておりますが、最終回となる本稿では模倣品事情を視察すべく訪問した現地マーケットをご紹介します。

■現地マーケット
ミャンマーでは主にTシャツなどの衣類やDVDのコピー品が流通しているそうです。今回視察したマーケット2か所(ヤンゴン・ネピドー)でも、衣類(某サッカーチームのユニフォーム)、靴(某人気ブランドシューズ)、おもちゃ(某人気キャラクター)のコピー品を多数発見できました。

当社が過去に訪問した様々な国では模倣品を品定めしていると通常は非常に警戒されることが多かったのですが、今回は全くと言っていいほど警戒されず、「他にないか?値段は?」と聞くと、店員は悪びれることなく見せてくれました。こういったところにも、これまで知財法の整備があまり進んでいなかったことによる影響があるのではと思います。

ここまで4回にわたってミャンマー訪問記をお伝えして参りました。まだまだ出願制度の開始まで時間を要する模様ですが、引き続き最新情報を収集・発信して参ります。

(商標部:関・天野、特許部:北村)
某サッカーチームユニフォームのコピー品
某人気ブランドシューズのコピー品

関連記事

お役立ち資料
メールマガジン